運用監視サービス

リソース天気予報

  1. セキュリティ対策のセキュアヴェイルTOP
  2. 製品・サービス
  3. ネットワーク運用監視
  4. リソース天気予報

一目で稼働状況が確認できるwebポータル

NetStare®(ネットステア)サービスでは、
サービス対象となるシステム全体とその状態を可視化し、
お客様にWebポータルとしてご提供しています。

リソース天気予報とは

障害予測と無駄のないITリソース投資を実現

システムのCPUやメモリ、ディスク等の使用データを数ヶ月間蓄積し、
その蓄積されたデータに基づき、将来の使用予測を天気予報になぞらえ分かりやすく表示。

1週間後、1ヵ月後、3ヵ月後、6ヵ月後、1年後におけるリソース使用を「晴れ」「曇り」「雨」のマークで表示し、その予測数値とあわせて情報提供。

現在のメモリ使用率が65%の場合、システムに余裕があるので「晴れマーク」となりますが、過去の推移からみて3ヵ月後には95%の使用が予測される場合、「雨」(リソース不足)と表示されます。

サービスの概要

  • CPUやメモリ、ハードディスク、ネットワーク帯域、セッション数などのリソース使用状況を過去の使用実績に基づき予測し、Webポータル上で表示。
  • 予測期間はサービス利用期間に応じて設定。
      1週間後 1ヵ月後 3ヵ月後 6ヵ月後 1年後
    利用期間が
    3ヶ月未満
         
    利用期間が
    6ヶ月未満
       
    利用期間が
    1年未満
     
    利用期間が
    1年以上
  • 予測は当日までのリソース使用データに基づき、毎日自動的に計算され表示。
  • 予測値の計算は、過去6ヶ月内の最古データから現在までの「傾きの平均値」を算出し、直近の監視値を起点に算出。

お客様は「リソース天気予報」を利用することで、事前に障害予測することや無駄のないITリソース投資を実現できます。

DSV(Dynamic Status Viewer):サービス対象システムと監視情報をリアルタイムに可視化する機能です。

システム担当者必見!

定期セキュリティセミナー

情報セキュリティセミナーを
定期的に開催!

セキュリティ対策・運用の極意、セキュリティログ分析の効果、セキュリティ機器(FortiGate、パロアルト、McAfeeなど)の特性などをお教えするセキュリティセミナー(プロシリーズ)とマイナンバー、標的型攻撃、情報漏洩など情報セキュリティの最新情報と対策を解説するセキュリティセミナー(トレンドシリーズ)を開催しています。
参加費は無料です。お気軽にご参加ください。

参加費無料

定期セキュリティセミナーについて
詳しくはこちら

前のページへ戻る

お電話でのお問い合わせ 平日 9:00~18:00 東京 03-6264-7180 大阪 06-6136-0020

お電話でのお問い合わせ 平日9:00~18:00 東京 03-6264-7180 大阪 06-6136-0020

お問い合わせ このページのトップへ