機能一覧

LogStare® Collector は
ネットワーク監視とログ監視を両立させます。

LogStare® Collector では、
シンプルなユーザインタフェースから様々なネットワーク機器監視、ログ監視の機能を提供しています。

WMIログもサポートした6つのネットワーク監視機能を使って、稼働状況や性能状況を把握し、安定稼働に向けた監視結果をグラフで表示します。
また、収集したログは検索機能が備わっており、問題解決に役立ちます。

各機能のご紹介

ネットワーク機器の安定稼働
必要なネットワーク監視機能

稼働監視

デバイス監視

デバイス監視は、ICMP(Internet Control Message Protocol)の echo コマンドを利用して、設定した監視デバイス(機器)に電文を送り、その戻りの有無によってデバイス稼働情報を把握します。

デバイス監視について詳しくはこちら

トラフィック監視

トラフィック監視は、SNMP(Simple Network Management Protocol)を使用して、設定した監視デバイス(機器)からネットワーク上の送受信データ量の監視を行います。

トラフィック監視について詳しくはこちら

SNMPトラップ監視

SNMPトラップ監視は、SNMP(Simple Network Management Protocol)を使用して、設定した監視デバイス(機器)からプロセス稼働監視を行います。

SNMPトラップ監視について詳しくはこちら

ポートステータス監視

ポートステータス監視は、TCP/IP(Transmission Control Protocol/Internet Protocol)を使って、TCP コネクション確立の際に使用される3ウェイ・ハンドシェイク コマンドで設定ポートに対して接続確立が行えるかどうかで監視を行います。

ポートステータス監視について詳しくはこちら

性能監視

リソース監視

リソース監視は、SNMP(Simple Network Management Protocol)を使用して、設定した監視デバイス(機器)からプロセス稼働監視を行います。

リソース監視について詳しくはこちら

ログ監視

ログ監視

ログ監視は、Syslog と呼ばれるログメッセージをネットワーク上で転送するプロトコル(RFC 3164で標準化したもの)を利用してLogStare® Collector が受信したログメッセージ内に設定したキーワードを監視しアラートを投げます。

ログ監視について詳しくはこちら

障害・問題発生時に必要となる
ログ収集機能を搭載

ログ収集機能

ログ収集

ログ収集は、Syslog と呼ばれるログメッセージをネットワーク上で転送するプロトコル(RFC 3164で標準化したもの)を利用してログを10日間保存します。

ログ収集について詳しくはこちら

WMI イベントログ収集

WMIイベントログ収集は、WMI(Windows Management Instrumentation)と呼ばれるシステム管理のための共通基盤アーキテクチャを利用して、収集対象デバイスからWMIイベントログを収集します。

WMI イベントログ収集について詳しくはこちら

TOP