会社情報

セキュアヴェイルの強み

  1. セキュリティ対策のセキュアヴェイルTOP
  2. 会社情報
  3. セキュアヴェイルの強み

経験豊かな人材とノウハウ
システムセキュリティに特化した会社だから実現できる質の高いサービス

ネットワークに対する不正アクセスなどの攻撃は、日々高度化し技術も進化しています。それらに対処するためには、専門技術と、豊かな経験に基づいたノウハウが欠かせません。それだけでなく、常に最新技術を習得しておくことや、多岐にわたる業務をこなすなど、ネットワーク・セキュリティに求められることは非常に多いのです。私たちは事業を特化することで、優秀な技術者を育成経験豊かな人材と、そのノウハウを蓄積。設備投資にも力を入れて、万全の体制を整えております。
その結果、高度な技術力によってシステム開発も自社で完結。当社のように国産で、しかも独自に開発している企業は希です。それにより、コストパフォーマンスの高いサービスときめ細かなサポートをご提供することができるようになりました。

  • 幅広く社会で活躍できる優秀な技術者を育成
  • 万全なセキュリティ環境で、24時間365日、ネットワーク・セキュリティの専門家が対応
  • 柔軟な対応を可能にする自社開発システム
  • プロフェッショナルなサービスをワンストップで提供

幅広く社会で活躍できる優秀な技術者を育成

現在はIT技術者が不足していると言われるなか、セキュリティの専門知識を持った技術者不足は深刻な問題となっています。日本版SOX法が施行され、企業のセキュリティ意識は高まる一方なのに人材が足りない。そういった状況に一石を投じたい、という思いが原動力となり技術者を育成するプログラムを設けました。
私たちには専門企業として培ってきた技術やノウハウの基盤、さらに社内技術者を育成するための充実したカリキュラムを持っています。自社の技術力強化は常に必要ですが、それよりも、優れた技術者を育成し、彼らを広く社会に輩出することで少しでも社会貢献できればと思っております。

万全なセキュリティ環境で、
24時間365日、ネットワーク・セキュリティの専門家が対応

全員が独自の専門教育を受けた正社員
信頼性を誇るエンジニアが運用をサポートします。

ネットワーク・セキュリティの分野において、導入するシステムが優れているだけでは万全な対策といえません。重要なことは、運用サポートを行うエンジニアが、お客様のニーズを把握した上で適切なアドバイスを行い、問題解決や情報収集の能力を発揮すること。そしてセキュリティ・エンジニアとして信頼される人格の持ち主であることです。
当社では、ネットワーク・セキュリティの基礎概念から運用技術、最新情報までをトータルで学び、信頼して任せられる正社員のみで24時間のサービス実施体制を築いています。

経験とスキルに応じて3つの役割を設け、重要なインシデントには専門のアナリストが対応いたします。

強化された設備機能

電源二重化と、常時電源供給の自家発電
  • 通産省(現経済産業省)策定の「情報システム安全対策基準」に準拠して建設されたコンピュータビル。

  • NTTグループの通信技術や建築技術を結集して建設されたコンピュータビルは、耐震構造、漏水防止、防火性能を強化。

  • 電源二重化と、自家発電(24時間365日電源供給)。

安心のセキュリティ管理体制

  • ビルエントランスはICカードによる入出管理を徹底。

  • ISMS(情報セキュリティマネージメントシステム)の認証済み。

  • 独自設計の運用管理システムを使用。

  • セキュリティ・エンジニアは全て正社員、24時間365日体制で対応。

柔軟な対応を可能にする自社開発システム

ほとんどのネットワーク・セキュリティ・サービスが海外で開発されたシステムを流用している中で、当社では純粋に自社開発のシステムをご提供。柔軟なサポート体制や、ご要望に合わせたカスタマイズなどが可能です。

メリット

  • システムに関するお問い合わせなど、迅速なサポートが可能です。

  • 純国産のシステムであるため、当然ながらマニュアル等も日本語です。

  • お客さまのご要望をお聞きしながら、細かなカスタマイズが可能です。

  • 日々の業務内容がバージョンアップとして反映され、迅速に対応します。

プロフェッショナルなサービスをワンストップで提供

ネットワーク・セキュリティ構築・維持における「Plan→Do→Check→Action」。そのサイクルを事業モデルの根幹とし、あらゆる段階においてプロフェッショナルなサービスを、ワンストップでご提供します。

Plan:セキュリティシステムの構築・コンサルティング、Check:セキュリティ運用状況の各種レポート/ログ解析、Do:セキュリティシステムの構築・運用・ヘルプデスク、Action:セキュリティシステムポリシーの変更・是正措置
ページの先頭へ戻る